酸化=さびるってどういう事?何がいけないの?

Home »  e-美コンシャス »  酸化=さびるってどういう事?何がいけないの?

私たちの老化を早める「酸化」とは何?

「いつまでもキレイでいたい」「健康でいたい」。
アンチエイジングの話題になると必ず出てくる言葉「抗酸化」
聞きなれたこの言葉ですがわかってるような、わからないような?
酸化しない(さびない)ことがなぜいつまでも若く綺麗でいる事にそんなに必要なのでしょうか?

シミ・しわを進行させる酸化=さび

「酸化は、シミやシワなど肌の老化を進めるだけではなく、ガンや動脈硬化など、命にかかわる病気を引き起こす原因にもなります。」
酸化とはどんな状態なのかをご説明いたします。
切ったリンゴは時間が経つと茶色くなります。それが酸化です。
原因は空気中の酸素と反応して、変色してしまうのです。
同様にさびた鉄や揚げ物料理の後の黒ずんで臭いが変化した油なども酸化が原因です。
私たち人間も酸素を吸って生きているので同じようにに酸化します。
呼吸するたびに私たち人間の身体は酸化しています。
人間は身体に取り込んだ酸素を使って、食物からの栄養分をエネルギーに換えて生活しています。

酸素は生命維持のために不可欠なにになぜ身体に悪影響を与えるのでしょう?

エネルギーを作り出す時取り込んだすべての酸素が使われるのでは無いのです。
酸素の2~3%が残ってしまいそれがアンチエイジングの最大の敵であるフリーラジカルに変化してしまうのです。

フリーラジカルが細胞を攻撃し身体を酸化させ(さびつかせ)、肌の老化、さらには重大な病気を招いてしまうのです。

健康的に美しく!それは抗酸化を詳しく知ること

美容と健康にダメージを与える酸化の仕組み、そして抗酸化の方法を知ることがこそがアンチエイジングを目指す第一歩です。
ずっと輝いて生きるために「抗酸化」についてもっと詳しく説明いたします。

フリーラジカルとは?

不安定なフリーラジカルがは細胞を次々と傷つけます。
フリーラジカルとは化学分野の専門用語で、ペアになっていない電子を持つ原子や分子のことです。
通常はペアで安定した状態を保っていますが、フリーラジカルは電子がひとつ足りないため不安定で、ほかの物質の電子を奪いペアになろうとします。
つまりフリーラジカルによって電子を奪われて物質が変化することが「酸化」です。
活性酸素の代表格がフリーラジカル。

フリーラジカルは体内のあらゆるところで悪さを働き、遺伝子や細胞膜を破壊して加齢(エイジング)を進めてしまうのです。

知らず知らずに美容と健康に多大なダメージを及ぼしているのが「酸化」です。

私は良く人間の細胞が生まれて入れ替わるまでを、人間がおぎゃーと生まれて社会に出るまでに例えます。
元気に生まれてくるためには「栄養」が必要です。
成長過程も同様です。
決められた役割を元気よく達成して進級するためには「学年に見合った体力」=「健康」が必要です。
人間の身体をきちんと働かせるタンパク質や脂質などが「見合った体力」です。

しかし身体の中でフリーラジカルが発生すると、、、。

タンパク質や脂質などの構造を壊してボロボロに壊してしまいます。

本来は、身体をきちんと働かせようとするものでも、ボロボロに傷んでしまっては役に立ちません。

つまり「年相応に学年に見合った体力」は期待できないという事です。
そんな状況が健康と美容に好ましくない結果になります。
皮膚や骨、筋肉などに多く存在するタンパク質の一種・コラーゲンです。
肌のハリや弾力に大きく関わり、若さを保つために、とても大切なものです。
ところが紫外線を浴びるとフリーラジカルが生み出されます。
コラーゲンが酸化を受け、構造が破壊されることによって、シワやたるみを引き起こしてしまいます」。

健康面では命に係わることもあります。

心筋梗塞や脳梗塞の直接の要因である動脈硬化もフリーラジカルによって引き起こされます。
動脈硬化の原因はLDLコレステロールだと言われますが、LDLコレステロールがフリーラジカルによって酸化され、超悪玉と言われる酸化LDLコレステロールとなり、血管の中でプラークを形成します。
動脈硬化の始まりです。
さらに細胞がガン化するのもフリーラジカルがDNA を傷付けるのが原因だと言われています。
細胞の中にあるDNA が酸化し突然変異を起こしたり、傷付けられたりして、その修復ができなくなると細胞がガン化。
フリーラジカル放置しておくと怖いですね、、。

酸化から身体を守って体内外からアンチエイジング

酸化を防ぐためには、

  • フリーラジカルを発生させる原因をシャットアウトすることと、
  • 自らの抗酸化力を高めること
フリーラジカルを発生させる原因”の代表的な対策は
  1. ストレスを溜めない

  2. 紫外線を防ぐなど

  3. 適度な運動を取り入れる

  4. 生活習慣の改善を心がける

抗酸化力を高める方法は?

人間には、フリーラジカルの攻撃から身を守るために抗酸化力が備わっています。
10~20代はその抗酸化力が高いのでフリーラジカルが細胞にダメージを及ぼすのを防いでくれますが年齢とともにそれは低下してしまいます。
そのためには、高い抗酸化力を持つ物質を摂取することが効果的。

  • フリーラジカルを消去する働きがあるビタミンC
  • 酸化を防ぐポリフェノール
  • おススメはビデンスティー ビデンスタブレット

ストレスをためてはいけない理由は?

不安や著しい緊張状態、イライラなど、人の身体はストレスを感じた時に交感神経が活性化され、血管が収縮して血行障害となり、各細胞に酸素が行きわたらなくなります。

この状態が繰り返されるとフリーラジカルが大量に発生してしまい細胞がダメージを受けてしまいます。

その他こんなこともフリーラジカルが発生します。
●コラーゲンやエラスチンを壊す原因
通勤時、洗濯物を干す時など、紫外線が皮膚に当たるだけで、体内にフリーラジカルを生み出してしまいます。そして皮膚のハリを保つコラーゲンや、エラスチンを破壊。美肌の大敵である、シワ、たるみの原因になってしまいます。
●タバコの煙に含まれる物質はフリーラジカルそのもの。
タバコにはフリーラジカルを生み出したり、抗酸化物質を破壊して抗酸化力を低下させてしまう物質が多く含まれています。また過度の飲酒でもフリーラジカルが発生します。大量のアルコール分を肝臓が分解しきれずに、大量に残った中間産物がフリーラジカルを発生させます。
美コンシャスでは「キャビテーション」や「エンダモロジー」「EMS」などをご利用頂く前後にビデンスをおすすめしております。
その理由は?もうこれをご覧いただいた方にはおわかりですよね?
次回はビデンスシリーズの実態をお伝えします。